問6 2010年9月実技損保顧客資産相談業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

家財に係る火災保険を保険金額10,000千円で契約する予定のAさんは,家財に係る地震保険の保険金額について,加入できる上限額で契約したいと考えている。下記の<仮定>に基づく家財の損害に対して,Aさんに支払われる地震保険の保険金を,下記<資料>を利用して求めなさい。なお,計算過程を示し,答は千円単位とすること。

<仮定>
・火災保険の保険金額
 家財:10,000千円
・損害の認定
 地震による家財(生活用動産)の損害は,半損と認定された。

<資料>

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

    地震保険の保険金額に関する問題です。

    地震保険の保険金額は、火災保険の保険金額の30〜50%の範囲内(建物は上限5,000万円、家財は上限1,000万円)で、加入者が自由に設定できます。

    本問では、家財の地震保険について、加入できる上限額で契約したいと考えていますから、Aさんの家財の地震保険の保険金額は、
    火災保険の保険金額1,000万円×50%=500万円 ということになります。

    次に、損害認定が半損と仮定した場合、資料により支払われる保険金は、「家財の地震保険金額の50%」となります。

    従って、Aさんに支払われる地震保険の保険金は、
    家財の地震保険金額500万円×50%=250万円=2,500千円 です。

問5             第3問
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.