問46 2010年9月学科

問46 問題文と解答・解説

問46 問題文択一問題

    建物の区分所有等に関する法律に関する次の記述のうち、誤っているものはどれか。

    1.区分所有者は、規約に別段の定めがない限り、集会の決議によって管理者を選任し、または解任することができる。

    2.管理者は、少なくとも毎年1回、集会を招集しなければならない。

    3.規約の設定、変更または廃止は、区分所有者および議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議によって行う。

    4.集会の議事は、法律で別段の定めがあるものを除き、区分所有者および議決権の各過半数で決するものとし、規約で別段の定めをすることはできない。

ページトップへ戻る
   

問46 解答・解説

区分所有法に関する問題です。

1.は、正しいです。マンションの購入者などの区分所有者は、集会の決議によって管理者(管理組合の理事長など)を選任・解任できます。

2.は、正しいです。管理者は、少なくとも毎年1回、集会(総会)を招集する必要があります。

3.は、正しいです。規約の設定・変更・廃止は、区分所有者および議決権の各4分の3以上の多数による集会の決議が必要となります。

4.は、誤り。集会の議事は、区分所有者および議決権の各過半数で決定するのが原則ですが、法律で別途定めている項目は法律に従い、規約で別段の定めをする(条件を緩和・強化する)ことも可能です。

問45             問47
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.