問26 2010年9月学科

問26 問題文と解答・解説

問26 問題文択一問題

    株式市場の代表的な指標に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

    1.東証株価指数(TOPIX)は、対象銘柄の浮動株を対象とする時価総額加重型の株価指数である。

    2.日経平均株価(日経225)は、対象銘柄の株価を単純平均したものであり、算出に当たり、配当や株式分割などの権利落ちの影響は修正されない。

    3.ニューヨーク証券取引所に上場している対象銘柄の株価を単純平均したものを、ナスダック総合指数という。

    4.インドのムンバイ証券取引所の株式時価総額を指数化したものを、ハンセン指数という。

ページトップへ戻る
   

問26 解答・解説

株式市場の指標に関する問題です。

1.は、適切。東証株価指数(TOPIX)は、東証1部上場の全銘柄の、市場に流通している浮動株を対象とする、時価総額加重型の株価指数です。
なお、創業者や企業が保有していて市場に流通していない株を、特定株といいます。

2.は、不適切。日経平均株価(日経225)は、東証1部225銘柄の修正平均したもので、算出に当たり、株式分割などの権利落ちの影響が修正されます。
つまり、業績は悪くないのに株式分割などで株価が下がった場合、日本の景気まで悪くなったように見えることを防ぐため、値下がりがなかったように修正するわけです。

3.は、不適切。ナスダック総合指数とは、ベンチャー向け株式市場であるNASDAQに上場している全銘柄を時価総額加重平均した株価指数です。

4.は、不適切。インドのムンバイ証券取引所の株式時価総額を指数化したものは、SENSEX指数です。
ハンセン指数とは、香港市場の代表的な株価指数です。

問25             問27
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.