問24 2010年9月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

    平成22年7月から新たに3年満期の個人向け国債が発行されているが、個人向け国債の仕組みと特徴に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

    1.3年満期の個人向け国債は、固定金利型で半年ごとに利払いがあり、発行から1年経過以後であれば中途換金できる。

    2.5年満期の個人向け国債は、固定金利型で半年ごとに利払いがあり、最低金利が保証されている。

    3.10年満期の個人向け国債は、変動金利型で半年ごとに利払いがあり、1万円から購入できる。

    4.個人向け国債は、3年満期、5年満期、10年満期のものがあり、いずれも毎月発行される。

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

個人向け国債に関する問題です。

個人向け国債は、平成22年から新たに固定3年ものが追加され、3種類となりました。
 3年・・・固定金利(基準金利−0.03%)、中途換金は第2期利子支払日以降、毎月発行
 5年・・・固定金利(基準金利−0.05%)、中途換金は第4期利子支払日以降、年4回発行
10年・・・変動金利(基準金利−0.80%)、中途換金は第2期利子支払日以降、年4回発行

1.は、適切。個人向け国債3年物は、固定金利型で利払い半年ごとで、発行から1年(第2期)経過以後であれば中途換金できます。

2.は、適切。個人向け国債5年物は、固定金利型で利払い半年ごとです。また最低金利(年0.05%)は3年、5年、10年物全てで保証されています。

3.は、適切。個人向け国債10年物は、変動金利型で利払い半年ごとです。また3年、5年、10年物全てで1万円から購入できます。

4.は、不適切。個人向け国債のうち、3年物は毎月、5年物と10年物は年4回発行です。

問23             問25
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.