問21 2022年5月学科

問21 問題文と解答・解説

問21 問題文択一問題

全国企業短期経済観測調査(日銀短観)に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.日銀短観は、統計法に基づいて行われる調査であり、全国の企業動向を的確に把握し、政府の財政政策の適切な運営に資することを目的としている。

2.日銀短観の調査は年4回実施され、その結果は、3月、6月、9月、12月に公表される。

3.日銀短観の調査対象企業は、全国の資本金1,000万円以上の民間企業(金融機関等を除く)の中から抽出され、各種計数が業種別および企業規模別に公表される。

4.日銀短観で公表される「業況判断DI」は、回答時点の業況とその3カ月後の業況予測について、「良い」と回答した企業の社数構成比から「悪い」と回答した企業の社数構成比を差し引いて算出される。

ページトップへ戻る
   

問21 解答・解説

経済指標に関する問題です。

1.は、不適切。日銀短観(全国企業短期経済観測調査)は、日銀が年4回、約1万社を対象に実施する、短期の業況についてのアンケート調査で、金融政策の適切な運営のため、統計法に基づいて行われる調査先企業に回答義務がない届出統計調査です。
日銀は政府とは独立した中央銀行として、金利やマネーサプライの調整といった金融政策を運営する組織であり、税収や社会保障費の増減させるような政府の財政政策には関与しません。

2.は、不適切。日銀短観(全国企業短期経済観測調査)は、日銀が年4回(3月、6月、9月、12月)に実施し、その翌月に公表します。

3.は、不適切。全国企業短期経済観測調査(日銀短観)は、企業の業種ではなく、資本金10億円以上の上場企業を対象にしたものと、全国の中小企業を加えたものの2種類があります(製造業も非製造業も対象)。

4.は、適切。業況判断DIとは、簡単に言うと、景気について「良い」と答えた企業の割合から「悪い」と答えた企業の割合を引いた数値です。

よって正解は、4.

問20             問22

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.