問11 2022年1月実技資産設計提案業務

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文

池谷勇樹さん(55歳)が保険契約者(保険料負担者)および被保険者として加入している生命保険(下記<資料>参照)の保障内容に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる数値を解答欄に記入しなさい。なお、保険契約は有効に継続し、かつ特約は自動更新しているものとし、勇樹さんはこれまでに<資料>の保険から、保険金・給付金を一度も受け取っていないものとする。また、各々の記述はそれぞれ独立した問題であり、相互に影響を与えないものとする。

<資料/保険証券1>


<資料/保険証券2>


・ 勇樹さんが現時点で、慢性肝炎で18日間入院し、退院してから24日後に同じ病気で再度6日間入院した場合(いずれも手術は受けていない)、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は( ア )万円である。

・ 勇樹さんが現時点で、初めてがん(悪性新生物)と診断され、治療のため38日間入院し、その間に約款所定の手術(給付倍率40倍)を1回受けた場合、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は( イ )万円である。

・ 勇樹さんが現時点で、交通事故で死亡(入院・手術なし)した場合、保険会社から支払われる保険金・給付金の合計は( ウ )万円である。

※約款所定の手術は無配当定期保険特約付終身保険および終身がん保険ともに該当するものである。

ページトップへ戻る
   

問11 解答・解説

生命保険の保障内容に関する問題です。

慢性肝炎で18日間入院した場合、保険証券1の無配当定期保険特約付終身保険からは、疾病入院特約によって入院給付金が支払われますが、保険証券2の終身ガン保険からは、ガンによる入院ではないため、支払われる保険金・給付金はありません
疾病入院特約の給付対象:通常病気の治療を目的とした入院

なお、災害入院特約は、交通事故、薬品等による中毒、自然災害や火災による入院 等が対象ですので、支給対象外です。
保険証券1の疾病入院特約は入院5日目から支給されるため、4日目までは支給対象外です。よって、18日間入院した場合は、18日−4日=14日間が支給対象期間です。
また、「※180日以内に同じ病気で再度入院した場合は1回の入院とみなします。」とありますから、一度退院してから24日後に同じ病気で再度6日間入院した場合には、2回目の入院では1日目から支払対象となります。
以上により、保険証券1と2による支給額合計=0.5万円×14日+0.5万円×6日+0円=10万円

次に、ガンで入院・手術した場合、保険証券1の無配当定期保険特約付終身保険からは三大疾病保障定期保険特約・疾病入院特約によってそれぞれ保険金・給付金が支払われます。
「三大疾病保障定期保険特約」は、脳卒中・ガン・急性心筋梗塞になった際に保険金が支払われます。

疾病入院特約の支払日数は、「入院5日目から日額5,000円」とありますから、ガンで入院しても、入院4日目までは支払対象外です。
よって、ガンによる14日間の入院では、38日−4日=34日分が支払日数です。
よって、ガン(悪性新生物)で手術1回(40倍)、38日間入院した場合の保険金合計額は、
三大疾病500万円+疾病0.5万円×34日間+手術0.5万円×40
=500万円+17万円+20万円=537万円
さらに、<資料/保険証券2>の終身ガン保険により、ガン診断給付金・ガン入院給付金・ガン手術給付金が支払われますので、
終身ガン保険の給付金合計=100万円+1万円×38日間+20万円=158円

従って、保険証券1と2による支給額合計=537万円+158万円=695万円 となります。

最後に、交通事故により死亡(即死)した場合、保険証券1の無配当定期保険特約付終身保険からは終身保険・定期保険特約・三大疾病保障定期保険特約・災害割増特約によってそれぞれ保険金・給付金が支給されます。
さらに、保険証券2の終身ガン保険により、ガン以外による死亡の死亡給付金として10万円が支給されます。
「三大疾病保障定期保険特約」は、脳卒中・ガン・急性心筋梗塞になった際に保険金が支払われますが、死亡・高度障害状態に陥った際は、原因が特定疾病でなくても保険金が支払われる特約です。

なお、不慮の事故で180日以内に死亡した場合、災害割増特約が上乗せされます(傷害特約も同様)。
災害割増特約:不慮の事故による死亡・高度障害が支払対象
傷害特約:不慮の事故による死亡・身体障害が支払対象(障害の程度に応じて給付)

よって、本問の無配当定期保険特約付終身保険で支払われる死亡保険金合計額は、
終身200万円+定期2,800万円+三大疾病500万円+災害割増3,500万円=合計7,000万円 となります。
保険証券1と2による支給額合計=10万円+7,000万円=7,010万円 となります。

従って正解は、(ア)10(万円) (イ)695(万円) (ウ)7,010(万円)

問10             問12

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.