問7 2022年1月学科

問7 問題文と解答・解説

問7 問題文択一問題

住宅購入に伴って住宅ローンの利用を検討しているAさんに関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、フラット35(買取型)を利用するに当たって、記載されたもの以外の要件はすべて満たしているものとする。

給与所得者であるAさん(40歳)は将来、相応の金利上昇を見込んで固定金利型の住宅ローンを利用し、返済方法については、毎月の返済額が一定で返済計画を立てやすい( ア )を選ぶつもりである。Aさんは、専有面積50uの2DKタイプの居住用マンションの購入を考えており、この場合、住宅金融支援機構と金融機関が提携した住宅ローンであるフラット35(買取型)を利用することは( イ )

1.(ア)元利均等返済  (イ)できない

2.(ア)元金均等返済  (イ)できない

3.(ア)元利均等返済  (イ)できる

4.(ア)元金均等返済  (イ)できる

ページトップへ戻る
   

問7 解答・解説

住宅ローンの返済方法・フラット35に関する問題です。

住宅ローンの返済方法には、毎回の返済額が一定の元利均等返済と、毎回均等に元金部分を返済する元金均等返済があります。

元利均等返済は毎回一定額を返済し、返済額に占める元本部分の割合が段々と大きくなる返済方法で、元金均等返済は元金部分を返済期間で按分して均等に返済する方法(元金部分は常に均等で、そこに金利が上乗せされるので、当初の返済額は多め)です。

また、フラット35は、住宅金融支援機構が定めた技術基準に適合した住宅で、床面積が一戸建て70u以上、マンション30u以上であることが必要です。
よって、50uのマンションを購入する場合、フラット35が利用可能です。

よって正解は、3.

問6             問8

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.