問60 2021年9月学科

問60 問題文と解答・解説

問60 問題文択一問題

会社法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.公開会社とは、その発行する全部または一部の株式に譲渡制限のない株式会社のことであり、金融商品取引所に上場することが義務付けられている。

2.株式会社は、設立時に最低資本金額として100万円が必要である。

3.株式会社が取締役会を設置する場合、2人以上の取締役を置かなければならない。

4.株式会社が特定の株主から自己株式を有償で取得する場合、株主総会の特別決議が必要となる。

ページトップへ戻る
   

問60 解答・解説

会社設立等に関する問題です。

1.は、不適切。公開会社とは、発行する株式の全部または一部が譲渡制限のない株式会社のことですが、金融商品取引所への上場が義務付けられているわけではありません。なお、金融商品取引所に上場している株式会社は、原則としてすべて公開会社となります。

2.は、不適切。株式会社を設立する際、以前は最低資本金1,000万円が必要でしたが、現在は最低資本金の準備は不要です(資本金1円でも設立可)。

3.は、不適切。取締役会設置会社では、取締役会や代表取締役の決定のみで機動的な事業運営が可能ですが、3人以上の取締役が必要となります。

4.は、適切。株式を発行した会社自身が、その自己株式を取得する場合(金庫株)、取得する株式数や取得代金等に関する株主総会の決議さえあれば、いつでも、何度でも取得可能です。
ただし、特定の者から買い受ける場合には、株主総会の特別決議が必要であり、取得額は分配可能額の範囲内という制限があります。

よって正解は、4.

問59             目次

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.