問32 2021年9月学科

問32 問題文と解答・解説

問32 問題文択一問題

所得税の納税義務者に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.非永住者とは、居住者のうち日本国籍がなく、かつ、過去10年以内の間に日本国内に住所または居所を有していた期間の合計が5年以下である個人をいう。

2.非永住者は、国内源泉所得に限り、所得税の納税義務がある。

3.非永住者以外の居住者で、日本国籍を有しない者は、国内源泉所得、国外源泉所得のうち国内において支払われたものまたは国外から送金されたものに限り、所得税の納税義務がある。

4.日本国籍を有する非居住者は、国内源泉所得および国外源泉所得について所得税の納税義務がある。

ページトップへ戻る
   

問32 解答・解説

所得税の仕組み・課税方法に関する問題です。

1.は、適切。「非永住者」とは、居住者のうち、日本国籍がなく過去10年以内に日本国内に住所・居所があった期間の合計が5年以下である個人です。
つまり、非永住者=日本人じゃなくて過去10年以内に日本に住んでた期間の合計が5年以下の人、ですね。

2.は、不適切。居住者は、「非永住者」と「非永住者以外の居住者」(永住者)に分けられ、これらは課税所得の範囲が異なります。
非永住者の課税所得:国内・国外の源泉所得のうち、日本国内で支払われた、または国外から日本国内に送金されたもの
永住者の課税所得 :国内払い・国外払いに関わらず、すべての所得

3.は、不適切。「非永住者以外の居住者」(永住者)の課税所得は、国内払い・国外払いに関わらず、すべての所得です。

4.は、不適切。非居住者の場合、国内源泉所得についてのみ、所得税の納税義務があります。
なお、「居住者」とは、国内に引き続いて1年以上“居所”を有する個人、または国内に“住所”を有する個人で、「非居住者」とは、居住者以外の個人です(日本国籍を有しない者を含む)。
居所:居住する場所←ホテル住まいの人は、ホテルのある場所が納税地となるわけです。

よって正解は、1.

問31             問33

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.