問24 2021年5月学科

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文択一問題

固定利付国債の利回り(単利・年率)と市場金利の変動との関係を説明した次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。なお、手数料、経過利子、税金等については考慮しないものとし、国債のイールドカーブは順イールド(期間が長いものほど利回りが高い)の状況にあるものとする。

表面利率が1.0%、償還期限が5年(満期一括償還)の固定利付国債を発行時に額面100円当たり100円で購入し、1年後に売却した。売却時の市場金利が購入時よりも低下していた場合、通常、当該国債の額面100円当たりの売却価格は100円を( ア )、当該国債の購入時から売却時までの所有期間利回りは1.0%( イ )

1.(ア)上回り (イ)よりも高くなる

2.(ア)下回り (イ)で変わらない

3.(ア)上回り (イ)で変わらない

4.(ア)下回り (イ)よりも低くなる

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

債券の利回りに関する問題です。

一般に、固定利付債(固定金利の債券)の価格は、市場金利が上昇すると下落し、市場金利が低下すると上昇します。これに対し、債券の額面上の利率は変わらないため、金利上昇で債券価格が下落すると利回りは上昇し、金利低下で債券価格が上昇すると利回りは下落します。

固定金利商品ですから、周りの金利が上がっていても、この商品の金利は変わりませんから、不人気となり価格は下がります(利回りは上昇)。
反対に周りの金利が下がっているときでも、この商品の金利は変わらないため、人気商品となって価格が上昇するわけです(利回りは低下)。

よって本問のように、売却時の市場金利が購入時よりも低下していた場合、債券の売却価格は額面価格を上回ります
ここで、所有期間利回りとは、既発債を償還期限前に売却した場合の利回りですが、単利の利回りの計算式は、
利回り(%)=(1年間の収益合計/投資金額)×100 です。
※1年間の収益=1年分の利子+1年当たりの差益

つまり、表面利率だけでなく売却差損益も含めた収益合計で利回りを計算するため、売却差益が発生した場合には、その債券の所有期間利回りは表面利率より高くなります

よって正解は、1.

問23             問25

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.