問11 2021年3月学科

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文択一問題

生命保険料の仕組みや算出方法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。なお、記載されたもの以外の予定率は一定であるものとする。

1.生命保険会社が保険事業の運営上必要な経費として組み込む予定事業費率が低く設定された場合、一般に保険料は安くなる。

2.所定の利率による運用収益を見込んであらかじめ保険料を割り引く予定利率が低く設定された場合、一般に保険料は安くなる。

3.養老保険の死亡保険金の支払いに充てるために必要な保険料の計算に用いられる予定死亡率が高く設定された場合、一般に保険料は安くなる。

4.個人年金保険の終身年金の支払いに充てるために必要な保険料の計算に用いられる予定死亡率が低く設定された場合、一般に保険料は安くなる。

ページトップへ戻る
   

問11 解答・解説

生命保険料の仕組み・算出方法に関する問題です。

1.は、適切。予定事業費率とは、保険事業運営上の経費(人件費等)の割合のことですので、予定事業費率が低くなれば、保険会社は今までよりも安い保険料で保険事業を運営できる見込みであるため、保険料が安くなります

2.は、不適切。予定利率とは保険料の運用予定利回りのことで、予定利率が高いほど、集めた保険料を運用して高収益を上げる見込みであるため、保険料が安くなります

3.は、不適切。予定死亡率は、一定年齢での年間死亡確率ですので、予定死亡率が高くなると、死亡保険金が支払われる確率が高くなり、保険会社としては支出が増えることになるため、保険会社の収入に当たる養老保険の保険料は高くなります

4.は、不適切。予定死亡率は、一定年齢での年間死亡確率ですので、予定死亡率が低くなると、個人年金の年金支払い期間が長くなり、保険会社としては支出が増えることになるため、保険会社の収入に当たる個人年金保険の保険料は高くなります

よって正解は、1.

問10             問12

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.