問40 2021年1月実技資産設計提案業務

問40 問題文と解答・解説

問40 問題文

景子さんは、自分や正之さんの老後の健康について不安を感じており、高齢者が加入する医療制度や介護保険制度の仕組みについて、FPの羽田さんに質問をした。後期高齢者医療制度および介護保険制度の概要について説明する際に使用した下表の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。



<語群>
1.国民健康保険団体連合会 2.国 3.市町村および特別区
4.60歳  5.65歳  6.70歳
7.1回   8.1ヵ月  9.1年間

ページトップへ戻る
   

問40 解答・解説

後期高齢者医療制度・公的介護保険に関する問題です。

後期高齢者医療制度は、都道府県の後期高齢者医療広域連合が運営し、各市町村が保険料の徴収や給付申請の受付等を行います。
これに対し、公的介護保険の保険者は市町村や特別区で、要介護・要支援の認定や介護保険被保険者証の交付を行うほか、65歳以上の第1号被保険者の保険料の徴収も行います(40歳〜64歳までの第2号被保険者の場合は健保組合等の医療保険者が徴収)。

また、後期高齢者医療制度や公的介護保険を利用した際の自己負担額が、同月に一定の上限を超えたとき、申請により、高額療養費や高額介護・高額介護予防サービス費が支給されます。
なお、世帯内で同一の医療保険(健康保険・国民健康保険・後期高齢者医療制度)に加入していて、毎年8月から翌年7月末までの1年間にかかった医療保険と介護保険の自己負担額(高額療養費及び高額介護(予防)サービス費を除く)の合計が基準額を超えた場合、高額医療・高額介護合算制度により超過分が支給されます。

従って正解は、(ア)3.市町村および特別区 (イ)5. 65歳 (ウ)8. 1ヵ月

問39             目次

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.