問12 2021年1月実技資産設計提案業務

問12 問題文と解答・解説

問12 問題文

FPの安西さんは相談者の井上さんが契約している生命保険の保険料支払いができなかった場合の流れについて説明を求められた。FPの安西さんが説明した下記の記述の空欄(ア)〜(エ)にあてはまる語句の組み合わせとして、適切なものはどれか。なお、記載のない事項については一切考慮しないこととする。

<井上さんが契約している保険契約>
保険種類     解約返戻金の有無
●個人年金保険A  あり
●定期保険B    なし

<FPの安西さんの説明>
・ 「個人年金保険A、定期保険Bともに払込期日までに保険料の払込みができなかった場合でも( ア )期間内に保険料を支払えば、保険契約を継続させることができます。」

・ 「個人年金保険Aは( ア )期間内に保険料が払えなかった場合でも、( イ )によって解約返戻金の範囲内で保険会社が保険料を立て替えることにより契約は継続します。」

・ 「定期保険Bは( ア )期間内に保険料の払込みがない場合、保険契約は( ウ )します。ただし( ウ )した場合でも保険会社が定める期間内に( エ )の手続きを取り、保険会社の承諾を得て未払いの保険料と利息を払い込めば、契約を有効に戻すことができます。」

1.(ア)払込猶予 (イ)自動振替貸付 (ウ)失効 (エ)復活

2.(ア)払込待機 (イ)契約者貸付 (ウ)消滅 (エ)復活

3.(ア)払込猶予 (イ)契約者貸付 (ウ)消滅 (エ)更新

4.(ア)払込待機 (イ)自動振替貸付 (ウ)失効 (エ)更新

ページトップへ戻る
   

問12 解答・解説

生命保険の保険料の払込に関する問題です。

生命保険の保険料は、口座振替による払込が一般的ですが、口座残高が足りず保険料が引き落とせなかった場合でも、すぐに契約は解消されず、払込猶予期間内に保険料を支払えば、保険契約を存続できます。
保険料を月払い契約(団体月払い除く)にしていた場合、払込猶予期間は払込期月の翌月1日から末日まで、つまり翌月中です。

また、払込猶予期間内を過ぎても、解約返戻金があれば、その範囲内で保険会社が保険料を立て替えて契約は継続されます(自動振替貸付)。

さらに、払込猶予期間内を過ぎ、自動振替貸付も利用できなかった場合には、保険契約は失効します(その後保険会社の承認の上で、失効中の保険料・利息を払い込むことで、失効した契約を復活させることも可能です)。

従って正解は、1.(ア)払込猶予 (イ)自動振替貸付 (ウ)失効 (エ)復活

問11             問13

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.