問60 2021年1月学科

問60 問題文と解答・解説

問60 問題文択一問題

民法に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.配偶者居住権とは、被相続人の配偶者が相続開始時に居住していた被相続人所有の建物について、配偶者があらかじめ期限を定めて無償で使用、収益することができる権利をいい、その期間を終身に設定することはできない。

2.被相続人に対して無償で療養看護等の労務の提供をしたことにより被相続人の財産の維持等について特別の寄与をした特別寄与者は、相続の開始後、相続人に対し、その寄与に応じた額の金銭(特別寄与料)の支払いを請求することができる。

3.遺留分侵害額請求権とは、遺留分権利者およびその承継人が、遺留分侵害額に相当する金銭の支払いを請求することができる権利をいい、請求先は受遺者に限られる。

4.遺言者が自筆証書遺言を作成する場合において、自筆証書に財産目録を添付するときは、その目録も自書しなければ無効となる。

ページトップへ戻る
   

問60 解答・解説

民法に関する問題です。

1.は、不適切。配偶者居住権は、遺産分割で他の相続人が自宅を相続した場合にも、配偶者は自身が亡くなるまで居住を継続可能となる権利です。

2.は、適切。相続人以外の親族で、被相続人に対して療養看護等の特別な寄与をした者は、相続人に対して特別寄与料を請求可能です。
以前からあった、特定の貢献を考慮する寄与分を受けられる権利は相続人に限定されていましたが、2019年7月1日以後開始の相続については、相続人以外の親族も特別寄与料として貢献分を請求できるようになりました。

3.は、不適切。遺留分侵害額請求権とは、遺留分権利者とその承継人が、遺留分侵害額相当額の金銭支払いを請求できる権利で、請求する場合にはまず遺贈を受けた受遺者に請求し、それでも不足する場合は生前贈与を受けた受贈者にも請求可能です。
2019年7月1日以後の相続では、従来の遺留分減殺請求権は遺留分侵害額請求権に変更され、遺留分を請求する際に、不動産等の遺留分そのものの返還ではなく、お金で解決しやすくなりました。

4.は、不適切。2019年1月より、自筆証書遺言の財産目録についてはパソコン作成や代筆、通帳のコピー添付も可能(遺言本文は手書き)となっています。
また、2020年7月からは、法務局に保管した自筆証書遺言は、公正証書遺言と同様に検認不要となっています。

よって正解は、2.

問59             目次

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.