問20 2020年9月実技資産設計提案業務

問20 問題文と解答・解説

問20 問題文

相続税における「小規模宅地等の評価減の特例」に関する下表の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる数
値の組み合わせとして、正しいものはどれか。


※特定事業用宅地等と貸付事業用宅地等については、一定の場合に該当しない限り、相続開始前( ウ )年以内に新たに(貸付)事業の用に供された宅地等を除く。

1.(ア)50  (イ)80  (ウ)3

2.(ア)80  (イ)50  (ウ)1

3.(ア)80  (イ)50  (ウ)3

4.(ア)50  (イ)80  (ウ)1

ページトップへ戻る
   

問20 解答・解説

小規模宅地の特例に関する問題です。

小規模宅地の特例では、特定居住用は330uを上限に80%減額、特定事業用は400uを上限に80%減額となります。
また、貸付事業用は200uを上限に50%減額となります。
ただし、2018年4月1日以降、相続開始前3年以内に事業や賃貸開始した宅地は、小規模宅地の特例の対象外となっています。
つまり、相続税対策として小規模宅地の特例狙いで事業用や賃貸用住宅が乱立するのを防ぐため、特例の適用要件が絞られたわけです。

従って正解は、3.(ア)80 (イ)50 (ウ)3

問19             問21

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.