問40 2020年1月実技資産設計提案業務

問40 問題文と解答・解説

問40 問題文

貴博さんは、将来を見据え後期高齢者医療制度について理解を深めたいと思い、FPの安藤さんに質問をした。後期高齢者医療制度に関する下表の空欄(ア)〜(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

●保険者(運営主体):都道府県単位で設立された( ア )
●被保険者:
( イ )以上の高齢者
・一定の障害認定を受けた前期高齢者
●一部負担金の割合:
・原則として、医療費の( ウ )
・現役並み所得者は別に定める割合
●保険料:( エ )単位で、均等割額と所得割額の合計額を徴収

<語群>
1.健康保険協会 2.後期高齢者医療広域連合 3.国民健康保険団体連合会
4.65歳 5. 70歳 6. 75歳
7.1割 8.2割 9.3割
10.被保険者 11.夫婦 12.世帯

ページトップへ戻る
   

問40 解答・解説

後期高齢者医療制度に関する問題です。

後期高齢者医療制度は、都道府県の後期高齢者医療広域連合が運営し、各市町村が保険料の徴収や給付申請の受付等を行います。

また、後期高齢者医療制度は、75歳以上または65〜74歳で一定の障害の状態にある人が加入対象です。

なお、後期高齢者医療制度による自己負担の割合は、現役並み所得者(課税所得金額145万円以上)で3割、それ以外の人は1割で、保険料は被保険者単位で、原則として所得割額と均等割額により算定されます

以上により正解は、(ア)2.後期高齢者医療広域連合 (イ)6. 75歳 (ウ)7. 1割 (エ)10.被保険者

問39             目次

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.