問2 2020年1月実技資産設計提案業務

問2 問題文と解答・解説

問2 問題文

次のうち、特定商取引法におけるクーリング・オフ制度の対象となる取引として、最も不適切なものはどれか。

1.電話勧誘販売により消費者が学習教材を購入した。

2.事業者が消費者の自宅を訪問し、消費者から宝飾品を買い取った。

3.連鎖販売取引により消費者が化粧品を購入した(化粧品は未開封)。

4.通信販売により消費者が書籍を購入した。

ページトップへ戻る
   

問2 解答・解説

クーリング・オフに関する問題です。

1.は、適切。訪問販売や電話勧誘販売等の不意打ち性の高い取引は、クーリング・オフの対象です。

2.は、適切。業者が消費者の自宅に訪問して貴金属等を買い取る取引を訪問購入といいますが、自動車・家電・家具・書籍・有価証券等を除いた、貴金属や宝飾品等の訪問購入は、クーリング・オフの対象です。

3.は、適切。連鎖販売取引(マルチ商法)は、商品を買って販売組織に加入し、さらに友人・知人を誘って組織に加入させることで利益が得られるものですが、契約してから20日間はクーリング・オフが可能です。

4.は、不適切。通信販売は、消費者が自ら申込むため、不意打ち的な契約ではないとして、クーリング・オフの対象外です。

問1             問3

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.