問28 2019年5月実技資産設計提案業務

問28 問題文と解答・解説

問28 問題文

政彦さんは、現在居住している自宅の住宅ローン(全期間固定金利、返済期間35年、元利均等返済、ボーナス返済なし)の繰上げ返済を検討しており、FPの榎田さんに繰上げ返済について質問をした。政彦さんが住宅ローンを132回返済後に、100万円以内で期間短縮型の繰上げ返済をする場合、この繰上げ返済により短縮される返済期間として、正しいものはどれか。なお、計算に当たっては、下記<資料>を使用し、繰上げ返済額は100万円を超えない範囲での最大額とすること。また、繰上げ返済に伴う手数料等は考慮しないものとする。

<資料:野村家の住宅ローンの償還予定表の一部>


1.6ヵ月

2. 1年0ヵ月

3. 1年1ヵ月

4. 1年2ヵ月

ページトップへ戻る
   

問28 解答・解説

住宅ローンの繰上げ返済に関する問題です。

住宅ローンの繰上げ返済方法には、期間短縮型と返済額軽減型の二つがあり、期間短縮型は、毎月の返済額はそのままで、住宅ローンの返済期間を短くする返済方法です。
また、繰上げ返済分は借入元本に充当されます。

資料の償還予定表より、132回目の返済時の借入残高は31,576,816円で、繰上げ返済が100万円だとすると、借入残高は30,576,816円となります。
ここで、146回目の返済時の借入残高が30,509,612円、145回目の返済時の借入残高が30,587,084円ですので、145回目の返済分までの繰上げ返済が、ちょうど「100万円を超えない範囲の繰上げ返済額」ということになるわけです。
※145回目の返済分までを繰上げ返済:31,576,816円−30,587,084円=繰上げ返済額 989,732円
※146回目の返済分までを繰上げ返済:31,576,816円−30,509,612円=繰上げ返済額 1,067,204円

従って、132回目返済時に989,732円を繰上げ返済すると、145回目の返済分までの元本に充当されるため、
繰上げ返済による短縮期間=145回−132回=13回(1年1ヶ月分)

従って正解は、3. 1年1ヵ月

問28-34             問29

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.