問22 2019年5月学科

問22 問題文と解答・解説

問22 問題文択一問題

上場投資信託(ETF)の一般的な特徴に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

1.東京証券取引所には、日本株式、外国株式、債券、REIT等の指数や指標に連動するETFが上場されている。

2.ETFは、売買の際に上場株式と同様に売買委託手数料がかかるが、非上場の投資信託とは異なり、運用管理費用(信託報酬)は徴収されない。

3.ETFの分配金には、普通分配金と元本払戻金(特別分配金)とがあり、税務上、普通分配金は課税対象となり、元本払戻金(特別分配金)は非課税となる。

4.TOPIXインバース指数に連動するETFは、TOPIXの前営業日に対する変動率の2倍となるように計算された指数に連動するように運用されている。

ページトップへ戻る
   

問22 解答・解説

ETF(上場投資信託)の取引に関する問題です。

1.は、適切。東京証券取引所に上場されているETF(上場投資信託)には、TOPIXや日経225等の日本株の株価指数に連動する銘柄以外にも、ダウ工業株30種やS&P500等の外国株の株価指数、債券、REIT(不動産投資信託)等の指標に連動する銘柄もあります。

2.は、不適切。ETF(上場投資信託)は、投資家による投信の申込や解約・売却が運用会社による株式の売買に直接影響せず、受益証券を投資家間で売買する形式であるため、売買時の委託手数料が発生し、また他の非上場の投信よりも低いものの運用管理費用(信託報酬)も発生します(非上場の投信では投資家が申込や解約・売却するたびに現物の株式の売買が必要となり、そのためのコストが信託報酬に反映されています)。

3.は、不適切。ETF(上場投資信託)の分配金は、株式の配当金と同様に、分配金全額が課税対象です。
これに対し、投資信託の分配金には普通分配金と元本払戻金(特別分配金)があり、利益が出た分の普通分配金は課税対象となりますが、投信の価格が元本を下回ったときの分配金(元本払戻金(特別分配金))は、元本の取り崩しに相当するため、利益が出ているわけではないとして非課税となります。

4.は、不適切。TOPIXインバース指数は、TOPIXの日々の変動率の−1倍(マイナス1倍)として算出される指数ですので、TOPIXが上昇するときは同じ値幅で下落(損失)し、TOPIXが下落するときは同じ値幅で上昇(利益)するという、信用取引の売りと同じような取引となります。

よって正解は、1.

問21             問23

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.