問13 2019年1月実技資産設計提案業務

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

下記<資料>に基づき、井川さんが契約している普通傷害保険について、FPの天野さんの次の説明の空欄(ア)〜(エ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、同じ語句を何度選んでもよいこととし、保険金の支払い要件はすべて満たしているものとする。

<資料>


「井川さんが仕事中のケガで5日間病院に通院した場合、受け取れる保険金は( ア )。」
「井川さんが地震によるケガで6日間病院に入院した場合(手術は受けていない)、受け取れる保険金は( イ )。」
「井川さんが交通事故により傷害後遺障害第6級に該当した場合、受け取れる傷害後遺障害保険金は( ウ )。」
「井川さんの中学生の息子が自転車で誤って他人にケガを負わせた場合、相手への賠償責任に関する補償は最高( エ )。」

<語群>
1.ありません 2.1万円です 3.2万円です
4.3万円です 5.4万円です 6.420万円です
7. 500万円です 8. 590万円です 9. 690万円です
10. 1,000万円です 11. 1億円です

ページトップへ戻る
   

問13 解答・解説

損害保険による個人のリスク管理に関する問題です。

普通傷害保険は、国内外を問わず、旅行中を含めた日常生活での怪我などを補償する保険で、出張先(国外含む)等の、業務中の怪我も補償対象です。
よって本問の場合、傷害通院保険金日額が1日につき2,000円ですので、5日間通院すると、2,000円×5日間=1万円の保険金を受け取れます。

また、普通傷害保険は、地震によるケガは補償対象外です(ただし、特約で補償対象となる場合もあります)。本問の場合、「天災危険担保特約(地震・噴火・津波危険を補償します)」とあるため、地震によるケガも補償対象です。
よって、傷害入院保険金日額が1日につき5,000円ですので、6日間入院すると、5,000円×6日間=3万円の保険金を受け取れます。

なお、普通傷害保険は、日常生活の偶然な事故による傷害(死亡・後遺障害・入院・手術・通院)を補償する保険ですので、本問の場合、傷害後遺障害第6級に該当すると、資料にあるように500万円の保険金を受け取れます。

最後に、個人賠償特約や個人賠償責任補償特約は、日常生活における偶発的な事故による賠償責任を補償(自転車やペットによる賠償責任も補償対象)するもので、補償対象は本人・配偶者・その他の親族ですので、子どもの自転車による賠償リスクへの備えとして有効です。
よって本問の場合、資料にある通り最高1事故1億円が補償されます。

以上により正解は、(ア)2. 1万円です  (イ)4. 3万円です (ウ)7. 500万円です (エ)11. 1億円です

問12             問14

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.