問28 2019年1月学科

問28 問題文と解答・解説

問28 問題文択一問題

アセットアロケーション等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.アセットアロケーションは、さまざまなリスクを低減しつつ安定したリターンを目指すために、投資資金を複数の資産クラス(国内外の株式、債券、不動産等)に配分することである。

2.現代ポートフォリオ理論の一般的な考え方によれば、運用の成果に与える影響は、資産クラスの配分比率よりも個別銘柄の選択や売買のタイミング等の方が大きいとされている。

3.運用期間を通して定められた資産クラスの金額の配分比率を維持する方法の一つとして、値上がりした資産クラスを売却し、値下がりした資産クラスを購入するリバランスという方法がある。

4.資産クラスの金額ではなくリスク量が同等になるように配分比率を決める運用においては、特定の資産クラスのボラティリティが上昇した場合、当該資産を売却する方法がある。

ページトップへ戻る
   

問28 解答・解説

ポートフォリオ理論に関する問題です。

1.は、適切。アセットアロケーションは、様々なリスクを低減しながら安定したリターンを目指すため、投資資金を国内外の株式・債券・不動産等といった、複数の資産クラスに配分することであり、現代ポートフォリオ理論に基づく投資戦略の1つです。

2.は、不適切。現代ポートフォリオ理論では、個別銘柄の選択や売買のタイミング等よりも、資産クラスの配分比率の方が、運用成果に与える影響が大きいとされています。

3.は、適切。当初のバランスの取れたアセットアロケーションも、運用期間が経過するにつれて、値上がりした資産クラスは運用資産全体における割合が増加し、値下がりした資産クラスの割合は減少するため、配分比率が偏ってくることから、値上がりした資産クラスを売却し、値下がりした資産クラスを購入するリバランスを行うことで、資産の配分比率を維持することが可能です。

4.は、適切。ポートフォリオ理論では、予想収益率の平均値を期待収益率、予想収益率の期待収益率からのばらつき度合いをリスクと考えるため、ボラティリティ(価格変動の激しさ)が上昇はリスク量の増大につながることから、リスク量を同等に保つ配分比率を目指す場合、ボラティリティが上昇した資産クラスの一部を売却することが必要です。

よって正解は、2.

問27             問29

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.