問9 2018年9月実技資産設計提案業務

問9 問題文と解答・解説

問9 問題文

藤原さんは、下記<資料>の投資用マンションについて購入を検討しており、FPの湯本さんに質問をした。下記の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な数値または語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。なお、<資料>に記載のない条件については一切考慮しないこと。

<資料>
・購入費用の総額:2,000万円(消費税と仲介手数料等取得費用を含めた金額)
・想定される賃料(月額):100,000円
・運営コスト(月額):
 管理費等 10,000円
 管理業務委託費 月額賃料の5%
・想定される固定資産税(年額):60,000円

藤原さん:「<資料>のマンションの購入を検討しています。気に入っているのですが、利回りについてもしっかり考えたいと思っています。」
湯本さん:「<資料>のマンションの場合、実質利回りは、( ア )万円÷2,000万円で計算できます。購入費用の総額を下げることができれば、実質利回りは( イ )。」
藤原さん:「購入にはローンを利用する予定です。確定申告で気を付けることはありますか?」
湯本さん:「不動産所得の金額の計算上、ローン返済額のうち( ウ )は必要経費になりません。」

<語群>
1. 96 2. 102 3.上がります 4.下がります
5.元金部分 6.利息部分

ページトップへ戻る
   

問9 解答・解説

不動産投資の利回りに関する問題です。

実質利回りとは、投資した金額に対して年間でどれだけの純収益を得られるかを表したものですので、
実質利回り=純収益/投資金額×100 で計算できます。

資料のうち、収益に関するものは、収入…想定賃料、支出…管理費等・管理業務委託費・固定資産税、ということになります。
従って、純収益=10万円×12ヶ月−1万円×12ヶ月−10万円×5%×12ヶ月−6万円
       =96万円

よって、本問の不動産投資実質利回り=96万円/2,000万円×100 で計算できますので、購入費用を下げれば、実質利回りは上がります

また、アパートやマンションを建築するための借入金の利子は、必要経費になりますが、借入金の元本部分の返済は、必要経費になりません

以上により正解は、(ア)1. 96  (イ)3.上がります  (ウ)5.元金部分

問8             問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.