問4 2018年1月実技資産設計提案業務

問4 問題文と解答・解説

問4 問題文

下記<資料>に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

<資料>
■販売用資料
WWW・ジャパン・コーポレーション
豪ドル建て社債
期間  :約4年
利率  :年2.20%
売出期間:2018年1月15日〜2018年1月25日

[売出要項]
売出価格 :額面金額の100%
償還日  :2022年1月26日
お申込単位:額面金額1万豪ドル
単位格付 :BBB(S&P)
受渡日  :2018年1月26日
利払日  :毎年1月26日・7月26日
(以下省略)

1.この債券は、NISA(少額投資非課税制度)口座で購入することができる。

2.この債券は、投機的格付けに分類される。

3.この債券の購入に際しては、売出期間中に為替レートが日々変動するため、申込日によって円での払込金額が異なる。

4.この債券の利子を円で受け取る場合、為替変動の影響を受けることなく、円換算した額面に対して年2.20%(税引前)の利率に基づいて、利子を受け取ることができる。

ページトップへ戻る
   

問4 解答・解説

債券投資に関する問題です。

1.は、不適切。NISAは、国内外の上場株式・株式投信・ETF・REIT等が対象で、国債や公社債・公社債投資信託は対象外です。

2.は、不適切。債券は、格付会社によって信用格付け(債務をきちんと履行してくれるかという信用度の目安)が付けられており、格付けAAA〜BBBは投資適格とされ、これより下のクラス(BB以下)は投機的、または投資不適格とされます。
X社債の格付けはBBBですので、投資適格債券です。

3.は、適切。外貨建ての金融商品は、円高外貨安になると、外貨建ての価格が一定でも、円換算したときの価格は下落し、反対に円安外貨高になれば、円換算したときの価格は上昇しますから、原則として為替リスクがあります。
本問の場合、申込単位が1万豪ドル単位ですので、日々の為替レートの変動の影響により、申込日によって円での払込金額が異なります。

4.は、不適切。外貨建ての金融商品は、円高外貨安になると、外貨建ての価格が一定でも、円換算したときの価格は下落し、反対に円安外貨高になれば、円換算したときの価格は上昇しますから、原則として為替リスクがあります。
本問の場合、債券の利子を外貨で受け取れるならば、外貨建ての額面に対して年2.20%(税引前)の利率で利子を受け取れますが、円で受け取るときは為替リスクを負うことになります。

問3             問5

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.