問11 2018年1月学科

問11 問題文と解答・解説

問11 問題文択一問題

保険法に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.保険法は、生命保険契約、損害保険契約だけでなく保険契約と同等の内容を有する共済契約も対象に含まれる。

2.保険契約者または被保険者になる者は、生命保険契約の締結に際し、保険会社から告知を求められた事項以外に保険事故の発生の可能性に関する重要な事項があれば、その者が自発的に判断して事実の告知をしなければならない。

3.保険契約者や被保険者が故意に告知義務に違反した場合、保険会社は、原則として、保険契約を解除することができる。

4.火災保険の超過保険契約があった場合に、その超過したことについて保険契約者および被保険者が善意でかつ重大な過失もないときは、その保険契約者は、原則として、超過部分について契約を取り消すことができる。

ページトップへ戻る
   

問11 解答・解説

保険法に関する問題です。

1.は、適切。保険法は、生命保険や損害保険だけでなく、傷害疾病保険(がん保険など)や共済契約(JA共済等)にも適用されます。

2.は、不適切。保険を契約するときは、保険金支払に関わる告知事項(持病の有無や病歴など)について、ウソをついてはいけません(事実を告知する)が、保険会社から告知を求められた事項以外のことまで告知する必要はありません

3.は、適切。わざと告知しなかったり(故意)、忘れていて(重大な過失)告知しなかった場合、保険会社は保険契約を解除することができます。

4.は、適切。損害保険で、保険価額(評価額)が保険金額より小さい保険は超過保険といい、契約者や記名被保険者が善意で重大な過失もない場合、契約者は超過部分の契約を取消し、保険料の一部を返還請求することが可能です。
なお、火災保険や自動車保険は、建物や車が保険の目的ですが、契約者と建物や車の所有者が異なることがあるため、保険の目的物の所有者を記名被保険者と呼び、保険金は契約者ではなく記名被保険者に支払われます。

よって正解は、2.

問10             問12

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.