問2 2017年9月学科

問2 問題文と解答・解説

問2 問題文択一問題

文部科学省が調査を行っている「子供の学習費調査」による子ども1人当たりの学習費の1年間の支出金額についての下記<資料>に関する次の記述のうち、最も適切なものはどれか。

<資料> (単位:円)

出所:文部科学省「平成26年度 子供の学習費調査」に基づき作成

1.公立における「学習費総額」について、「幼稚園」から「高等学校(全日制)」まで、最も構成比が高い内訳は、いずれも「学校外活動費」である。

2.私立における「学習費総額」について、「幼稚園」から「高等学校(全日制)」まで、最も構成比が高い内訳は、いずれも「学校外活動費」である。

3.「学習費総額」を公立と私立で比較したときの差額は、中学校が最も大きい。

4.「幼稚園」から「高等学校(全日制)」までの15年間(幼稚園3年間・小学校6年間・中学校3年間・高等学校3年間)の「学習費総額」を単純合計すると、すべて私立に通った場合は、すべて公立に通った場合より1,000万円以上多額になる。

ページトップへ戻る
   

問2 解答・解説

ライフプランニングに活用する統計データに関する問題です。

1.は、不適切。公立の教育機関に通う場合、学習費総額における学校外活動費が占める割合は、小学校と中学校では最も高くなりますが、幼稚園と高校では2番目になっています。
これはつまり、小・中学校では習い事や学習塾での費用が高くなりがちということですね。

2.は、不適切。私立の教育機関に通う場合、学習費総額に占める割合は、幼稚園から高校まででいずれも学校外活動費が2番目であり、学校教育費が最も高い割合を占めています。

3.は、不適切。公立と私立を比較した場合、学習費総額の差が最も大きいのは、小学校です(約5倍)。

4.は、適切。公立と私立を比較した場合、幼稚園から高校までの15年間の学習費総額の合計は、すべて私立に通うと公立より1,000万円以上高額になります(公立では約527万円だが、私立では約1,770万円)。

問1             問3

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.