問27 2017年1月学科

問27 問題文と解答・解説

問27 問題文択一問題

ポートフォリオ理論等に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.異なる2資産からなるポートフォリオにおいて、2資産間の相関係数が1となる場合、ポートフォリオを組成することによる分散投資の効果(リスクの低減)は最大となる。

2.A資産の期待収益率が2.5%、B資産の期待収益率が6.0%の場合、A資産を40%、B資産を60%の割合で組み入れたポートフォリオの期待収益率は4.6%となる。

3.シャープレシオは、ポートフォリオ全体の収益率から無リスク資産収益率を減じたものを、ポートフォリオ全体のリスク(標準偏差)で除すことにより求められる。

4.システマティック・リスクは、ポートフォリオの組入れ銘柄数を増やしても低減しない。

ページトップへ戻る
   

問27 解答・解説

ポートフォリオ理論に関する問題です。

1.は、不適切。ポ−トフォリオのリスク低減効果とは、期待リターンとのブレを少なくする効果で、これが最も大きくなるのは、相関係数が「−1」のとき(Aが上がるとBが下がる)です。

2.は、適切。ポートフォリオの期待収益率=(各資産の構成比×各資産の収益率)の合計 となります。
よって本問では、
資産A:構成比40%×期待収益率2.5%=40/100×2.5/100×100=1.0%
資産B:構成比60%×期待収益率6.0%=60/100×6.0/100×100=3.6%
従って、ポートフォリオの収益率=1.0%+3.6%=4.6%

3.は、適切。シャープ・レシオは、標準偏差で測ったリスク1単位に対して、超過収益率がどれだけあったかを示すもので、シャープ・レシオ=(ポートフォリオの収益率−安全資産利子率)÷標準偏差 で算出されます。

4.は、適切。ポートフォリオの組入れ銘柄数を増やすと、個別銘柄による株価変動がポートフォリオ全体に与える影響は小さくなるため、アンシステマティックリスク(非市場リスク)は低減可能ですが、システマティックリスク(市場リスク)を低減できません。システマティックリスク(市場リスク)は、ほぼ全ての証券に影響を及ぼすような価格変動要因ですので、分散投資でも低減できないわけです。

問26             問28

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.