問30 2016年9月実技資産設計提案業務

問30 問題文と解答・解説

問30 問題文

美雪さんは下記<資料>のTW銀行の外貨定期預金キャンペーンに関心をもっている。この外貨定期預金について、満期時の外貨ベースの元利合計額を円転した金額を計算しなさい。なお、計算過程においては小数点以下第3位を四捨五入し、計算結果(円転した金額)については円未満を切り捨てること。また、解答に当たっては、解答用紙に記載されている単位に従うこと。

<資料>
・ 預入額 :10,000米ドル
・ 預入期間:3ヵ月
・ 預金金利:2.0%(年率)
・ 為替レート(1米ドル・預入時および満期時)
 TTS    :112.00円
 TTM(仲値):111.00円
 TTB    :110.00円
 ※預入時と満期時の為替レートは同一とする。

注1:利息の計算に際しては、預入期間は日割りではなく月単位で計算すること。
注2:為替差益・為替差損に対する税金については考慮しないこと。
注3:利息に対しては、米ドル建ての利息額の20%相当額が所得税・住民税として源泉徴収される(復興特別所得税は考慮しない)ものとすること。

ページトップへ戻る
   

問30 解答・解説

外貨預金に関する問題です。

1万米ドルの定期預金ですから、預入時のレートTTS1米ドル112.00円から、投資した円は、1万米ドル×112.00円=112万円。
また、利息は年率2.0%で、3ヶ月満期ですから、3ヶ月分の利息は年利の12分の3です。
よって、3ヶ月分の利息=10,000米ドル×2.0%×3/12=50米ドル です。

また、米ドル建ての利息額の20%が所得税・住民税として源泉徴収されます。
よって、源泉徴収後の利息額=50米ドル×(1−20%)=40米ドル
従って、米ドル建ての元利合計は、10,000米ドル+40米ドル=10,040米ドル です。

満期時のレートは、TTB1米ドル110.00円ですから、
円転後の元利合計額=10,040米ドル×110.00円=1,104,400円

従って正解は、1,104,400(円)

なお、顧客が円を外貨に換える際の為替レートはTTSで、顧客が外貨を円に換える際の為替レートがTTBです。
TTS…「顧客が円売り」もしくは「銀行が外貨売り」ですので、「売り」=Sell
TTB…「顧客が円買い」もしくは「銀行が外貨買い」ですので、「買い」=Buy

問29             問31

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.