第4問 2016年1月実技個人資産相談業務

第4問 問題文と解答・解説

第4問 問題文

会社員のAさん(45歳)は、妻Bさん(43歳)および長男Cさん(14歳)との3人暮らしである。Aさんは、平成24年2月に、戸建住宅(物件X)を同居していた父親の相続により取得している。Aさんは、これまで物件Xに家族3人で暮らしていたが、建物が老朽化しているため、近くの新築分譲マンション(物件Y)に住み替える予定である。Aさんは、物件Xを売却して得た資金を物件Yの購入に充てたいと考えており、物件Xを早期に売却することを希望している。友人からは、売却にあたっては宅地建物取引業者と専属専任媒介契約を締結してはどうかと言われているが、不動産の売買についてはわからないことも多い。
物件Xおよび物件Yに関する資料は、以下のとおりである。

ページトップへ戻る
   

第4問 資料

〈物件Xおよび物件Yに関する資料〉


※上記以外の条件は考慮せず、各問に従うこと。

問9             問10

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.