問25 2015年10月学科

問25 問題文と解答・解説

問25 問題文択一問題

株式の信用取引に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.信用取引において、委託保証金率を30%とすると、委託保証金の約3.3倍までの取引ができる。

2.信用取引の決済方法には、反対売買による決済と「現引・現渡」による決済がある。

3.制度信用取引では、東京証券取引所の規則により、弁済期限が3カ月と定められている。

4.信用取引で買い建てた株式の価格が下落し、最低保証金維持率割れとなった場合には、追加保証金を差し入れなければならない。

ページトップへ戻る
   

問25 解答・解説

株式の信用取引に関する問題です。

1.は、適切。委託保証金率とは、取引金額に対する委託保証金の割合ですので、委託保証金率30%の場合、取引金額の上限は、委託保証金の約3.3倍です。
つまり、委託保証金率30%=委託保証金/取引金額 ですから、
取引金額=委託保証金/30%≒委託保証金×3.3です。

2.は、適切。信用取引の決済(弁済)方法には、反対売買による決済と、「現引き・現渡し」による決済があり、現引きとは、信用取引で買った株を、証券会社に現金を払って引き取ることで、現渡しとは、信用取引で売った株と同種同量の現物株を、証券会社に売り渡し、代金を受け取ることです。

3.は、不適切。制度信用取引とは、証券取引所が定めた銘柄を対象に、証券取引所の規則(返済期限は6ヶ月等)に基づく取引です。

4.は、適切。信用取引で買った株式が下落し、委託保証金維持率割れ(約定価額の20〜40%よりも低い価額)となった場合、追加保証金が必要です。
これがいわゆる「追証(おいしょう)」で、株が買ったときの3分の1くらいの価格になってしまうと、保証金を追加するように証券会社から求められるわけです。

問24             問26

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.