問24 2015年5月実技資産設計提案業務

問24 問題文と解答・解説

問24 問題文

長岡さんは、4年後に住宅を購入したいと考えているが、今後の金利上昇が気がかりである。そこで、ローン金利の違いが借入可能額に与える影響について、FPの芦屋さんに試算を依頼した。下記<資料1>に基づき、ローン金利が年2.0%から年3.5%に上昇した場合に借入可能額がいくら減少するかを計算しなさい。なお、計算に当たっては<資料2>を使用し、解答に当たっては正の整数で解答すること(解答用紙に記載されている単位に従うこと)。

<資料1>
[長岡さんの住宅取得プラン]
・平成31年に購入およびローン返済開始
・毎月の返済額は9万円とする
・住宅ローン:返済期間25年、全期間固定金利、元利均等返済、ボーナス返済なし

<資料2>
[借入可能額早見表]
(返済期間25年、全期間固定金利、元利均等返済、ボーナス返済なしの場合)
(単位:万円)


※早見表に記載されている数値は正しいものとする。

ページトップへ戻る
   

問24 解答・解説

住宅取得プランに関する問題です。

資料2より、ローン金利2.0%で返済期間25年の場合、毎月の返済額が9万円だと、借入可能額は2,123万円です。
同様に、ローン金利3.5%で返済期間25年の場合、毎月の返済額が9万円だと、借入可能額は1,797万円です。

従って、金利が2.0%から3.5%に上昇した場合に減少する借入可能額は、
減少額=2,123万円−1,797万円=326万円

従って正解は、326(万円)

問23             問25-27

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.