問60 2015年1月学科

問60 問題文と解答・解説

問60 問題文択一問題

不動産の相続税評価額に関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

自己が所有する更地(宅地)に賃貸マンションを建築して賃貸の用に供した場合、建物は貸家として、「( ア )×(1−借家権割合×賃貸割合)」によって算出した価額により評価される。
また、宅地は( イ )として評価され、更地で所有しているときと比べて相続税評価額を引き下げることができる。
例えば、自己が所有する更地(宅地)に賃貸マンションを建築し、借地権割合が60%、借家権割合が30%、賃貸割合が100%とすると、宅地は更地で所有しているときよりも相続税評価額が( ウ )減額されることになる。

1.(ア)固定資産税評価額 (イ)貸家建付地 (ウ)18%

2.(ア)建築費 (イ)貸宅地 (ウ)18%

3.(ア)建築費 (イ)貸家建付地 (ウ)60%

4.(ア)固定資産税評価額 (イ)貸宅地 (ウ)60%

ページトップへ戻る
   

問60 解答・解説

宅地の相続税評価に関する問題です。

自分が所有する土地に建築した家屋を、他に貸し付けている場合、建物は貸家、土地は貸家建付地として評価され、自用地評価よりも借地権や借家権の割合分が減額された相続税評価額となります(自分の土地にアパートを建てて賃貸している等)。

評価額の計算式は以下の通り。
貸家の評価額=自用家屋評価額×(1−借家権割合×賃貸割合)
※自用家屋評価額=固定資産税評価額
貸家建付地の評価額=自用地評価額×(1−借地権割合×借家権割合×賃貸割合)

よって、借地権割合60%、借家権割合が30%、賃貸割合100%の場合、
貸家建付地の評価額=自用地評価額×(1−60%×30%×100%)
         =自用地評価額×(1−0.6×0.3×1.0)
         =自用地評価額×(1−0.18)
となり、自用地評価額(更地)よりも18%減額した評価額になります。

従って正解は、1.(ア)固定資産税評価額 (イ)貸家建付地 (ウ)18%

問59             目次に戻る

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.