問15 2015年1月学科

問15 問題文と解答・解説

問15 問題文択一問題

火災保険に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.火災保険は、補償の対象となる建物が落雷により損害を被った場合、保険金支払いの対象となる。

2.火災保険には、保険期間満了時に満期返戻金が支払われる積立型保険もある。

3.店舗総合保険は、店舗・事務所等に使用されている建物やこれらの建物に収容されている什器・備品等を補償の対象としている。

4.再調達価額とは、補償の対象となる物件と同程度のものを再取得するために必要な金額から、経過年数による消耗分を差し引いた金額である。

ページトップへ戻る
   

問15 解答・解説

火災保険に関する問題です。

1.は、適切。火災保険では、落雷による家屋や家財の損害も、補償対象です(屋根に穴が開いた、飛び火で家が燃えた、電化製品が壊れた等)。

2.は、適切。火災保険には、保険期間満了時に満期返戻金が支払われる積立型の商品もあります。ただし、保険期間中に火災等により保険金の支払いが生じると、満期返戻金の支払いはありません。

3.は、適切。店舗総合保険とは、事業者向け火災保険の1つで、店舗や事務所用の建物や建物内の什器・備品等を補償対象とし、給排水設備の水濡れ損害や水災、盗難(商品除く)等を補償します。

4.は、不適切。再調達価額(新価)とは、補償の対象と同等のものを再築・再購入するのに必要な金額のことです。再調達価額(新価)から経過年数による消耗分を差し引いた金額が時価です。

問14             問16

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.