問2 2015年1月学科

問2 問題文と解答・解説

問2 問題文択一問題

ファイナンシャル・プランナーが顧客に対して行った次のアドバイスのうち、最も不適切なものはどれか。

1.初任給を受け取った会社員のAさん(22歳)に対し、「これからは定期的な収入が見込めますので、初任給に借入金を加えた資金を元手として、将来のために高い収益が見込める金融商品による積極的な運用を図るべきです」とアドバイスした。

2.第一子が誕生した会社員のBさん(28歳)に対し、「お子さまの将来の教育資金に備えるため、積立定期預金やこども保険などを活用することを検討してはいかがですか」とアドバイスした。

3.住宅ローンを利用して住宅の購入を検討している会社員のCさん(35歳)に対し、「将来の金利水準やライフプラン上の収支の見通しを十分に検討したうえで住宅ローンを利用することが大切です」とアドバイスした。

4.退職金を受け取ったDさん(60歳)に対し、「退職金は、元本が保証された金融商品などによる安定的な運用を心掛けるとともに、今後の収入状況等も考慮して、流動性資金を確保しておくことも大切です」とアドバイスした。

ページトップへ戻る
   

問2 解答・解説

世代別の資金運用・ライフプランに関する問題です。

1.は、不適切。若年の会社員は、定期的な収入見込みと長期的な運用が可能なため、他の世代よりも比較的リスク許容度が高いことから、余裕資金での資産運用は、有効な選択肢の1つです。しかし、借入金を加えてまで、高い収益を目指した金融商品による積極的な運用を図るべきではありません

2.は、適切。積立定期預金やこども保険(学資保険)への加入は、子どもの将来の教育資金づくりとして、有効な選択肢の1つです。

3.は、適切。長期の住宅ローンを利用する場合、金利や収支の変動はローンの返済負担に多大な影響を与えるため、事前の十分な検討と入念な準備を行い、返済計画を立てることが必要です。

4.は、適切。定年退職後は安定的な収入源が公的年金だけとなり、収入額も減少してしまいますから、このように許容リスクが低い状態でリスクを取った資産運用を行うと、市場が暴落した際には一気にその影響を受け、生活が行き詰ってしまいます。そのため、退職金は元本確保型の金融商品による安定的な運用を心掛けるとともに、今後の収入状況等も考慮して、利用目的に関わらずすぐに使用可能な流動性資金を確保しておくことも大切です。

問1             問3

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.