問20 2014年9月実技資産設計提案業務

問20 問題文と解答・解説

問20 問題文

沼田さんは、弁護士の松尾さんに相続の承認や放棄等について質問した。下記の空欄(ア)〜(ウ)に入る適切な語句を語群の中から選び、その番号のみを解答欄に記入しなさい。

沼田さん:「相続人は、相続するかどうかの意思決定をいつ、どのように行う必要があるのでしょうか。」
松尾さん:「相続人は、相続の開始があったことを知った日から( ア )以内に、単純承認、限定承認、相続放棄のうちいずれかを選ぶことができます。( ア )以内に限定承認も相続放棄もしない場合は、単純承認したものとみなされます。」
沼田さん:「限定承認や相続放棄をする場合には、どのような手続きが必要になるのでしょうか。」
松尾さん:「( イ )にその旨の申述を行います。相続放棄は各相続人が単独で申述することができますが、限定承認は相続人全員で申述しなければなりません。」
沼田さん:「相続人が相続権を失うことはあるのでしょうか。」
松尾さん:「はい。欠格や廃除によって相続権を失うことがあります。」
沼田さん:「欠格、廃除によって相続権を失った場合や相続放棄をした場合、その者の子が代襲相続するのでしょうか。」
松尾さん:「( ウ )の場合には、代襲相続できません。」

<語群>
1. 3ヵ月  2. 4ヵ月  3. 10ヵ月
4.家庭裁判所  5.地方裁判所  6.所轄税務署長
7.欠格  8.廃除  9.相続放棄

ページトップへ戻る
   

問20 解答・解説

相続の限定承認・放棄に関する問題です。

相続の限定承認は、相続の開始のあったことを知ったときから3ヶ月以内に、相続人全員で家庭裁判所に申述しなければなりませんが、相続の放棄は、単独で行うことができます(限定承認同様、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に家庭裁判所に申述する)。

また、相続の開始があったことを知った時から3ヶ月以内に、限定承認や相続放棄しなければ、そのまま単純承認したとみなされます

なお、相続放棄すると、「初めから相続人とならなかったもの」としてみなされるため、相続放棄した人に子供がいる場合でも、その子供が代襲相続人にはなりません。
※代襲相続は、相続人が、相続前に死亡していた場合、相続に関して不正行為をした場合(相続欠格)、被相続人への虐待や重大な侮辱があった場合(相続人の廃除)に行われます。

従って正解は、(ア)1. 3ヵ月  (イ)4.家庭裁判所  (ウ)9.相続放棄


問19             問21

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.