問1 2014年5月実技資産設計提案業務

問1 問題文と解答・解説

問1 問題文

ファイナンシャル・プランニングの6つのステップにおける第2ステップ「顧客データの収集と目標の明確化」において、収集する顧客のデータに関する次の(ア)〜(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)「現在の預金残高」は、定量的情報に該当する情報である。

(イ)「お金に対する価値観」は、定性的情報に該当する情報である。

(ウ)「顧客の性格の把握」は、面談方式より質問紙方式での情報収集が適している項目である。

(エ)「加入している保険の種類」は、質問紙方式より面談方式での情報収集が適している項目である。

ページトップへ戻る
   

問1 解答・解説

顧客データの収集に関する問題です。

(ア)は、○。定量的情報とは、預金残高・年収・年齢などの数字で表せる情報です。

(イ)は、○。定性的情報とは、顧客の性格や価値観などの数字で表せない情報です。

(ウ)は、×。面談では顧客の性格や価値観などの定性的情報を把握するのが適しています。

(エ)は、×。「加入している保険の種類」は、数字で表せる定量的情報に該当しますが、多岐に渡る定量的情報を顧客と言葉を交わしながらきちんと把握するのは難しいため、質問紙方式での情報収集に適しています。

目次             問2

  ●無料アプリ版公開中。
  ●学科も実技も完全無料!

  

  ●広告無しの有料版。
  ●広告無しで集中学習!

  

ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.