問14 2013年9月実技資産設計提案業務

問14 問題文と解答・解説

問14 問題文

自動車損害賠償責任保険(以下「自賠責保険」という)に関する次の(ア)〜(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

(ア)自賠責保険は、原動機付き自転車を除くすべての自動車に加入が義務付けられている。

(イ)自賠責保険の被保険者は、自動車の保有者と運転者である。

(ウ)死亡事故の場合、自賠責保険から支払われる保険金の支払限度額は、死亡による損害に対しては被害者1人当たり3,000万円、死亡に至るまでの傷害による損害に対しては被害者1人当たり120万円となっている。

(エ)自賠責保険の保険料は、取り扱う損害保険会社や共済組合によって異なる。

ページトップへ戻る
   

問14 解答・解説

自賠責保険に関する問題です。

(ア)は、×。自賠責保険は、人身事故を補償対象とする、加入義務がある強制保険で、加入なしに運行することはできません(2輪車や原付含む)。

(イ)は、○。自賠責保険は、運行供用者(自動車等の保有者または運転者等)が自動車等の運行によって他人を死傷させ、法律上の損害賠償責任を負った場合に保険金が支払われます。
つまり、自賠責保険は自動車の保有者と運転者を被保険者とし、交通事故による他人への損害賠償責任を補償する保険というわけです。

(ウ)は、○。自賠責保険の支払限度額は、被害者1名につき、死亡による損害については最高3,000万円、傷害による損害については最高120万円です。
なお、一定の後遺障害の場合は最高4,000万円です。

(エ)は、×。自賠責保険の保険料は、一部の離島などを除いて、取り扱う損害保険会社や共済組合に関わらず同一ですが、保険対象とする自動車の車種や保険期間によって異なります。

問13             問15
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.