問10 2013年9月実技個人資産相談業務

問10 問題文と解答・解説

問10 問題文

不動産の有効活用法についてMさんが説明した次の記述(1)〜(3)について,適切なものには○印を,不適切なものには×印を解答用紙に記入しなさい。

(1) 土地信託方式の場合,信託会社による配当の保証のもと,信託会社が土地所有者に代わって土地の運用を行う。

(2) 定期借地権方式の場合,定期借地権を設定した土地は,原則として,契約期間終了時に更地で返還される。

(3) 事業受託方式の場合,土地所有者は建物建築資金を拠出することなく,土地活用事業のいっさいをデベロッパー等の業者に任せることができる。

ページトップへ戻る
   

問10 解答・解説

土地の有効活用方法に関する問題です。

(1) は、×。土地信託方式は、土地の権利者が信託銀行に土地を信託し、信託銀行が資金調達から建設・管理・運営まで行なう方法で、土地の権利者は資金負担無しで信託配当金を受け取れますが、配当が保証されているわけではなく、運用実績によって変動します。

(2) は、○。定期借地権方式とは、土地の所有権を移転させずに、更新のない土地の賃貸借契約を締結することです。原則として、契約期間終了後は更地で返還され、比較的安定した収入を確保することができます。

(3) は、×。事業受託方式は、土地の権利者が自分で資金調達し、マンション等の建設・管理・運営といった事業のいっさいをデベロッパーに任せる方法です。
権利をそのまま維持でき、業務負担もないが、資金負担大です。

第4問             問11
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.