問6 2013年5月実技資産設計提案業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

下記<資料>の証券口座の概要に関する次の(ア)〜(エ)の記述について、適切なものには○、不適切なものには×を解答欄に記入しなさい。

<資料:証券口座の概要>


(ア)(a)において、投資家自身が損益を計算して作成した「年間取引報告書」を証券会社に提出すれば、証券会社に納税を代行してもらうことができる。

(イ)年初の売却で(b)を選択した場合、同年中の2度目以降の売却については、年の途中に(c)に変更することができる。

(ウ)複数の証券会社に特定口座(c)を開設した場合、各々の特定口座内の損益については、確定申告をすることで合算することができる。

(エ)国内公募株式型投資信託の収益分配金については、(c)で受け入れることができる。

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

証券口座の概要に関する問題です。

(ア)は、×。証券口座のうち、一般口座では、投資家自身が年間の証券取引の損益を計算し、確定申告する必要があります。これに対し、特定口座では証券会社が損益を計算し、「年間取引報告書」を作成してもらえます。
さらに源泉徴収有りの特定口座なら、証券会社が譲渡益に対する税金を源泉徴収することで、納税を代行してもらうこともできます。

(イ)は、×。特定口座での源泉徴収の有無の変更は、その年の最初の売買や配当金の受入時等までです。
従って、年初の売却で源泉徴収無しを選択すると、その後は、年の途中に源泉徴収有りに変更することはできません。

(ウ)は、○。複数の金融機関の特定口座で取引する場合、譲渡損益は各金融機関で計算されますが、確定申告することで通算可能です。

(エ)は、○。源泉徴収有りの特定口座で投資信託を取引すると、収益分配金も特定口座内で受け取ることができ、株式等の譲渡損失との損益通算も可能となります。
(ただし、金融機関によっては一般口座にある投信の分配金も、特定口座内の譲渡損失と損益通算可能なところもあります。)

問5             問7
ページトップへ戻る

関連・類似の過去問

この問題と似ている問題を検索してみよう!「検索」ボタンをクリック!

Yahoo! JAPAN

  • このサイト内を検索
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.