問35 2012年5月実技資産設計提案業務

問35 問題文と解答・解説

問35 問題文

仮に、平成24年10月1日にMX銀行(日本国内に本店のある普通銀行)が破綻した場合に、MX銀行における下記預金のうち、預金保険制度によって保護される金額の上限額として、正しいものはどれか。

●「榊原俊樹」名義
普通預金:30万円
当座預金: ―  
定期預金:100万円
外貨預金:240万円
●「榊原商店 榊原俊樹」名義
普通預金:200万円
当座預金: 20万円
定期預金:830万円
外貨預金:240万円
注1:平成24年10月1日において、俊樹さんおよび榊原商店ともに、MX銀行からの借入れはない。
注2:普通預金は決済用預金ではない。
注3:預金の利息については考慮しないこととする。

1. 1,000万円
2. 1,020万円
3. 1,130万円
4. 1,180万円

ページトップへ戻る
   

問35 解答・解説

預金保険に関する問題です。

銀行が破綻した場合、預金保険制度により、預金者1人当たり元本1,000万円までとその利息等が保護されます(利息のつかない決済用預金は全額保護)。

よって、資料のうち、当座預金は利息のつかない決済用預金ですので、全額保護されます。

ただし、金融機関の破綻時には、1つの銀行に、同じ人が複数の口座を開設している場合に、それらを合算して保護金額を算定する「名寄せ」が行われます
名寄せの際、個人事業主の預金は、事業用と事業用以外は、同じ人の預金とされます

また、外貨預金は預金保険機構の補償対象外のため、金融機関破綻時も補償されません。

よって、元本1,000万円までとなるのは、普通預金30万円・定期預金100万円・事業用の普通預金200万円・事業用の定期預金830万円です。
よって、30万円+100万円+200万円+830万円=1,160万円>1,000万円
となり、保護されるのは1,000万円までということになります。

従って、預金保険制度で保護される金額(最大金額)は、
1,000万円+当座預金20万円=1,020万円

従って正解は、1,020万円

問34             問36
    ページトップへ戻る

    FP対策講座

    <FP対策通信講座>

    ●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

    ●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

    ●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

    ●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

    ページトップへ戻る

    Sponsored Link

    実施サービス

    Sponsored Link

    メインメニュー

    Sponsored Link

    サイト内検索

    Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.