問51 2012年5月学科

問51 問題文と解答・解説

問51 問題文択一問題

養子に係る民法の規定に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.夫婦が未成年者を養子とするには、原則として、夫婦共同で縁組をしなければならない。

2.未成年者を養子とする場合には、原則として、市町村長の許可を得なければならない。

3.養子は、縁組の日から養親の嫡出子の身分を取得する。

4.特別養子縁組の成立には、原則として、養子となる者の父母の同意を得なければならない。

ページトップへ戻る
   

問51 解答・解説

民法上の養子に係る規定に関する問題です。

1.は、適切。結婚している人が、未成年者を養子とするには、夫婦そろって養親になることが必要です(夫だけ、または妻だけが養子縁組することはできません)。

2.は、不適切。未成年者を養子にする場合、家庭裁判所の許可が必要です(自分か配偶者の直系卑属(自分の孫や連れ子など)を養子にする場合を除く)。

3.は、適切。養子になると、養子縁組の日から養親の嫡出子(籍を入れた夫婦の子)としての身分を取得します。

4.は、適切。特別養子縁組とは、養子が戸籍上も実親との親子関係を断絶し、実子と同じ扱いとする縁組で、成立には実の父母の同意が必要です。

問50             問52
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.