問19 2012年5月学科

問19 問題文と解答・解説

問19 問題文択一問題

医療保険等の一般的な商品性に関する次の記述のうち、最も不適切なものはどれか。

1.医療保険では、病気や不慮の事故で所定の手術を受けた場合、入院の有無に関係なく、手術給付金を受け取ることができる。

2.医療保険では、人間ドック検査等の治療を目的としない入院をした場合でも、入院給付金を受け取ることができる。

3.ガン保険では、契約を締結した後であっても、所定の待機期間中にガンと診断された場合には、ガン診断給付金を受け取ることができない。

4.先進医療特約の保障対象である治療に健康保険制度が適用されるようになった場合、その治療は先進医療特約の保障対象外となる。

ページトップへ戻る
   

問19 解答・解説

医療保険に関する問題です。

1.は、適切。医療保険の手術給付金は、病気や事故で所定の手術を受けた場合に、入院の有無に関係なく支給されます。

2.は、不適切。医療保険の入院給付金は、人間ドック検診や美容目的の入院等、治療目的でない入院は支給対象外です。

3.は、適切。ガン保険の診断給付金は、待機期間(約3ヶ月)中にガンと診断された場合には支払われません。つまり、具合の悪い人が駆け込みで加入しても、保障を受けることができないようにしているわけです。

4.は、適切。先進医療特約は、保障対象となる治療に健康保険が適用されるようになると、保障対象外となります。
あくまで、今現在健康保険適用外の治療が必要になったときに備える、という商品なわけですね。

問18             問20
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Sponsored Link

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.