問6 2011年9月実技(資産設計)

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

    下記<資料>の上場不動産投資信託(REIT)に関する次の記述の空欄(ア)、(イ)にあてはまる銘柄名のアルファベットを解答欄に記入しなさい。

    <資料>
    銘柄名  1口当たり純資産  1口当たり分配金(年間)    REIT価格
     A     491,000円      23,200円       546,000円
     B     671,000円      21,600円       693,000円
     C     535,000円      27,600円       564,000円

    ・ 1口当たり純資産を用いてREIT価格の割安性を比較した場合、最も割安な銘柄は、( ア )である。
    ・ 最も分配金利回りが高い銘柄は、( イ )である。

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

投資指標に関する問題です。

投資信託の場合は、「1株当たり」を「1口当たり」、「配当」を「分配金」などと読み替えることで各指標を計算できます。

株式の割安性は、PBR(株価純資産倍率)=株価/1株当たり純資産 を用いることで、比較できます(PBRが低いほど割安)。
銘柄AのPBR=546,000円/491,000円≒1.11倍
銘柄BのPBR=693,000円/671,000円≒1.03倍
銘柄CのPBR=564,000円/535,000円≒1.05倍
よって、銘柄Bが最も割安といえます。
     
また、配当利回り(%)=1株当たり配当金/株価×100 ですので、
銘柄Aの分配金利回り=23,200円/546,000円×100≒4.25%
銘柄Bの分配金利回り=21,600円/693,000円×100≒3.12%
銘柄Cの分配金利回り=27,600円/564,000円×100≒4.89%
よって、銘柄Cが最も分配金利回りが高いといえます。

従って正解は、(ア)B (イ)C

問5             問7
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.