問3 2011年9月実技個人資産相談業務

問3 問題文と解答・解説

問3 問題文

ファイナンシャル・プランナーは,Aさんが現時点(平成23年9月11日,障害認定日であるものとする)において障害等級の2級に該当する程度の障害の状態にある場合にAさんが受給できる公的年金制度からの障害給付の額について,下記の〈条件〉および〈資料〉をもとに試算した。
以下の計算式の空欄(1)〜(4)に入る最も適切な語句または数値を下記の〈語句群〉のア〜サのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。年金額は,平成23年度価額により計算すること。

〈条件〉
 平均標準報酬月額         400,000円
 平均標準報酬額           600,000円
 直近1年間の標準賞与額総計  1,500,000円

〈資料(平成23年度価額)〉
 老齢基礎年金の額     788,900円
 子の加算額(子2人まで) 227,000円
 加給年金額         227,000円

〈Aさんが受給できる公的年金制度からの障害給付の額(平成23年度価額)〉
 1.障害基礎年金の額
          ( 1 )
 2.障害厚生年金の額
  ・報酬比例の年金額
   (( 2 )円×7.5/1000×240月+□□□円×5.769/1000×102月)×1.031×( 3 )
   =□□□円≒□□□円(100円未満の端数処理後の金額)
  ・( 4 )
    227,000円
  ∴□□□円+227,000円=□□□円
 3.Aさんが受給できる公的年金制度からの障害給付の合計額
  1.+2.=□□□円

*計算式にある「□□□」の部分は,問題の性質上明らかにできないために,それぞれ数値を伏せている。

〈語句群〉
ア.591,700   イ.788,900   ウ.986,100   エ.400,000   オ.600,000
カ.1,500,000  キ.0.981    ク.0.985     ケ.0.991     コ.子の加算額
サ.加給年金額

ページトップへ戻る
   

問3 解答・解説

    障害基礎年金・障害厚生年金の支給額に関する問題です。

    障害基礎年金の本人分の支給額は、障害等級2級の場合は満額の老齢基礎年金と同額で、1級の場合は満額の老齢基礎年金の1.25倍です(平成23年度の満額の老齢基礎年金は、788,900円)。
    また、障害基礎年金は、生計維持関係のある子供の人数に応じて、支給額が増加します(支給期間は子供が18歳になるまで(2級以上の障害の有る子の場合は20歳になるまで)。
    子供の数: 支給金額(年間)
    子供1人: 788,900円+227,000円×1=1,015,900円
    子供2人: 788,900円+227,000円×2=1,242,900円
    子供3人: 788,900円+227,000円×2+75,600円=1,318,500円
    子供4人以上 : 1人増えるごとに75,600円追加

    よって、Aさんが2級障害を負った場合に、受け取る障害基礎年金は、子の加算はなく、788,900円 です(子Cさんは19歳で障害状態でないため)。

    次に、障害厚生年金の支給額は、障害等級2級・3級の場合は、障害を負った人の老齢厚生年金の報酬比例部分と同額で、1級の場合は報酬比例部分の1.25倍です。
    また、被保険者期間が300月未満の場合は300月とみなして計算する最低保障 がついています。

    Aさんの被保険者期間は、240月+102月=342月で300月を超えるため、みなし計算は行いません。
    (300月未満の場合は、300月とみなして計算(最終的に「300/被保険者期間」を乗じる)。)

    報酬比例部分=(T+U)×1.031×0.981(注)
                     =1085307.6円≒1,085,300円(50円以上100未満切上げ、50 円未満切捨て)
    ※T:400,000円×7.5/1,000×240月=720,000円
    ※U:600,000円×5.769/1,000×102月=353062.8≒353,063円
    (注)平成22年度までは0.985 ⇒ 平成23年度は0.981に変更(物価スライド特例水準)

    また、1級・2級の障害を負った時に生計同一で65歳未満の配偶者がいる場合、配偶者加給年金227,000円(平成23年度価格)が支給されます(障害等級3級には支給なし)。

    よって、Aさんに支給される障害厚生年金の合計は、
    1,085,300円+227,000円=1,312,300円

    従って正解は、(1) イ.788,900、(2) エ.400,000、(3) キ.0.981、(4) サ.加給年金額

問2             第2問
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.