第3問 2011年9月実技生保顧客資産相談業務

第3問 問題文と資料

第3問 問題文

次の設例に基づいて,下記の各問(《問7》〜《問9》)に答えなさい。

《設例》
Aさん(53歳)は,株式会社X社(以下,「X社」という)の創業社長である。X社は,近年,取引先の倒産や景気の低迷等により,売上・利益ともに減少傾向にあり,2年前には資金繰りの関係で下記<資料>の生命保険契約から契約者貸付を受けている。
X社は,会社設立時に,下記<資料>の生命保険に加入しているが,今後の保険料負担も考慮し,見直しをしたいと考えている。そこで,Aさんは,生命保険会社の担当者であるファイナンシャル・プランナーのMさんに相談することにした。

ページトップへ戻る
   

第3問 資料

    <資料>X社が現在加入している生命保険の契約内容
      保険の種類            : 5年ごと利差配当付定期保険(特約付加なし)
      契約年月日            : 平成10年9月1日
      契約者(=保険料負担者)    : X社
      被保険者             : Aさん
      死亡保険金受取人        : X社
      保険期間・保険料払込期間  : 95歳満了
      死亡保険金額          : 50,000千円
      年払保険料            : 950千円
      現時点の解約返戻金額    : 11,000千円(契約者貸付は考慮していない)
      65歳時の解約返戻金額    : 23,300千円

    ※上記以外の条件は考慮せず,各問に従うこと。

問6             問7
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.