問7 2011年5月実技個人資産相談業務

問7 問題文と解答・解説

問7 問題文

所得税の扶養控除に関する以下の文章の空欄(1)〜(4)に入る最も適切な数値を,下記の〈数値群〉のA〜Lのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

平成22年度税制改正により,平成23年分以降の所得税においては,年齢が( 1 )歳未満の年少扶養親族に係る扶養控除が廃止された。また,年齢が( 1 )歳以上( 2 )歳未満の者に係る扶養控除の上乗せ分(25万円)も廃止された。

したがって,Aさんの平成23年分の所得税額の計算にあたって,扶養控除としてAさんの総所得金額から控除できる額は,合計( 3 )万円である。

なお,年齢が( 4 )歳以上の老人扶養親族に係る扶養控除の改正はなく,従前のとおりである。

〈数値群〉
A.15     B.16     C.18     D.19     E.20     F.22     G.25     H.38
I.60     J.63      K.65     L.70

ページトップへ戻る
   

問7 解答・解説

    所得税の扶養控除に関する問題です。

    こども手当支給に伴い、所得税における扶養控除は大幅に改組されました(平成23年分から適用)。
    ●16歳未満の扶養控除      :38万円⇒廃止
    ●16歳以上19歳未満の扶養控除:63万円⇒38万円(上乗せ部分25万円の廃止)
    ●同居の特別障害者の扶養控除:73万円 ⇒38万円(同時に障害者控除75万円に引上げ)


    よって、Aさんの扶養控除は、18歳の子どもの分38万円となります。
    なお、子どもが19歳以上23歳未満の場合、特定扶養控除として25万円が上乗せされます。

    また、70歳以上の人を扶養する場合、老人扶養親族として、同居する老親等の場合は58万円、同居する老親以外の場合は48万円の扶養控除が適用されます(平成22年度改正でも変更無し)。

    従って正解は、(1) B.16    (2) D.19    (3) H.38    (4) L.70

第3問             問8
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.