問20 2011年1月実技(資産設計)

問20 問題文と解答・解説

問20 問題文

    坂崎さんは、父親が平成22年10月22日に死亡し、相続により上場しているHK社の株式を取得した。この上場株式の相続税評価の際に用いる価格として、正しいものはどれか。

    1.平成22年10月22日の終値        2,160円
    2.平成22年10月の毎日の終値の平均額 2,070円
    3.平成22年 9月の毎日の終値の平均額 2,130円
    4.平成22年 8月の毎日の終値の平均額 2,050円

ページトップへ戻る
   

問20 解答・解説

上場株式の相続税評価に関する問題です。

上場株式は、以下4つのうち最も低い価額で評価
します。
・課税時期の最終価格
・課税時期の月の毎日の最終価格の平均
・課税時期の月の前月の毎日の最終価格の平均
・課税時期の月の前々月の毎日の最終価格の平均

よって、平成22年10月22日が課税時期の場合、相続税評価額となるのは、最も低い金額である2,050円(前々月の毎日の終値平均額)です。

従って正解は、4.平成22年 8月の毎日の終値の平均額 2,050円

問19             問21
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.