問15 2011年1月実技(資産設計)

問15 問題文と解答・解説

問15 問題文

    米田康雄さん(61歳・年金受給者であり、給与所得はない)の平成22年の収入は下表のとおりである。下表データの金額を基に計算した場合、平成22年の雑所得の金額として、正しいものはどれか。

    <平成22年の収入>
    老齢厚生年金:1,300,000円
    適格退職年金:  800,000円
    原稿料収入  :    30,000円
    注1:適格退職年金の金額は年金受取額である。
    注2:適格退職年金に対する本人負担の掛金はなかった。
    注3:雑誌に寄稿し、原稿料収入を得た。必要経費は特にかからなかった。

    <公的年金等控除額の速算表>
     

    1.   3万円
    2. 123万円
    3. 143万円
    4. 213万円

ページトップへ戻る
   

問15 解答・解説

雑所得の計算に関する問題です。

雑所得は公的年金等によるものと、その他の雑所得とで分けて計算します。
本問では老齢厚生年金と適格退職年金が公的年金等に該当し、原稿料はその他の雑所得に該当します(適格退職年金は企業年金の一種)。

まず、平成22年の年金収入の合計は、老齢厚生130万円+適格退職80万円=210万円 です。
公的年金等の雑所得=年金収入−公的年金等控除額
                    =210万円−(210万円×25%+37.5万円)
                    =210万円−90万円=120万円

また、原稿料収入に関しては必要経費が0円ですので、
その他の雑所得=年間収入−必要経費=3万円−0円=3万円

よって、米田さんの雑所得=120万円+3万円=123万円 
従って正解は、2. 123万円

問14             問16
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.