問13 2011年1月実技(資産設計)

問13 問題文と解答・解説

問13 問題文

    北島華子さんは下記<資料>のガン保険に加入している。華子さんが上皮内ガンと診断され、入院(1泊2日)をした場合、受け取れる給付金額として、正しいものはどれか。なお、手術・通院はしていないこととする。

    <資料>
    【ガン保険】(保険証券・一部抜粋)
     契約者(保険料負担者):北島 華子 様
     被保険者          :北島 華子 様

    <保障内容>
     ・ ガン診断給付金(※1):     100万円
     ・ ガン入院給付金(※2):日額10,000円
     ・ ガン通院給付金     :日額 5,000円
     ・ ガン手術給付金     :      20万円
    (※1)・ 上皮内ガンの場合には、診断給付金の10%
    (※2)・ 1回当たり入院限度日数:無制限
     ・ 入院1日目から支給

    1.  10万円
    2.  12万円
    3. 100万円
    4. 102万円

ページトップへ戻る
   

問13 解答・解説

ガン保険の給付金に関する問題です。
「上皮内ガンと診断され、入院(1泊2日)をした場合」ですから、ガン診断給付金とガン入院給付金が支払われます。

まず、ガン診断給付金は、上皮内ガンの場合は診断給付金の10%と記載されていますから、
100万円×10%=10万円になります。
また、ガン入院給付金は限度日数無制限で、入院1日目から支給と記載されていますから、
日額10,000円×2日=20,000円になります。

よって受け取れる給付金の合計は、2.12万円 です。

問12             問14
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.