問1 2011年1月実技(資産設計)

問1 問題文と解答・解説

問1 問題文

    ファイナンシャル・プランニングの6つのステップにおける、第2ステップ「顧客データの収集と目標の明確化」において収集する顧客のデータに関する次の記述の空欄(ア)〜(ウ)にあてはまる語句の組み合わせとして、最も適切なものはどれか。

    ・ 収集すべき顧客データとしては、定性的情報と定量的情報がある。定量的情報の例としては、( ア )等が該当する。
    ・ 情報収集の方法として、面談によるものと質問紙によるものがあるが、面談においては、( イ )より( ウ )の収集がより適しているといえる。

    1.(ア)生活目標 (イ)定量的情報 (ウ)定性的情報
    2.(ア)生活目標 (イ)定性的情報 (ウ)定量的情報
    3.(ア)預金残高 (イ)定量的情報 (ウ)定性的情報
    4.(ア)預金残高 (イ)定性的情報 (ウ)定量的情報

ページトップへ戻る
   

問1 解答・解説

顧客データの収集に関する問題です。

ファイナンシャル・プランニングを行う際、様々な顧客データの収集が必要ですが、それらは定性的情報と定量的情報に分類できます。
定性的情報:顧客の性格や価値観などの数字で表せない情報
定量的情報:預金残高・年収・年齢などの数字で表せる情報

情報収集する場合、顧客と面談しながら把握する方法と、質問用紙に必要事項を記載していく方法がありますが、面談では顧客の性格や価値観などの定性的情報を把握するのが適しています。

顧客と言葉を交わしながらだと、預金残高や年収など、定量的な数字は多岐に渡るため、全ての数字をきちんと把握するのは難しいですからね。
通常ある程度顧客に事前質問シートなどで定量的情報を記載しておいてもらう方が、スムーズです。

従って正解は、3.(ア)預金残高 (イ)定量的情報 (ウ)定性的情報

目次             問2
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.