問6 2011年1月実技個人資産相談業務

問6 問題文と解答・解説

問6 問題文

Aさんが投資を検討している下記〈資料〉の甲株式および乙株式の投資指標について,ファイナンシャル・プランナーが説明した以下の文章の空欄(1)〜(4)に入る最も適切な語句または数値を,下記の〈語句群〉のA〜Iのなかから選び,その記号を解答用紙に記入しなさい。

下記〈資料〉から算出すると,甲株式の株価収益率(PER。以下において同じ)は,( 1 )倍,乙株式の株価純資産倍率(PBR。以下において同じ)は,( 2 )倍である。また,甲株式の配当性向は,( 3 )%である。
株価収益率から判断して,一般に割安と考えられるのは,乙株式である。また,株価純資産倍率から判断して,一般に割安と考えられるのは,( 4 )株式である。

〈資料〉
 

〈語句群〉
A.甲   B.乙   C.0.5   D.1   E.5   F.10   G.20
H.40   I.80

ページトップへ戻る
   

問6 解答・解説

    株式取引の投資指標に関する問題です。

    株価収益率(PER)の計算式は以下の通り。
    PER(株価収益率)=株価/1株当たり利益(EPS)
    よって、甲株式のPER=1,000円÷(10億円÷2,000万株)=1,000円÷50円=20倍
          乙株式のPER=250円÷(50億円÷1億株)=250円÷50円=5倍

    また、株価純資産倍率(PBR)の計算式は以下の通り。
    PBR(株価純資産倍率)=株価/1株当たり純資産
    よって、甲社のPBR=1,000円÷(50億円÷2,000万株)=1,000円÷250円=4倍
               乙社のPBR=250円÷(500億円÷1億株)=0.5倍

    以上により、PERでもPBRでも、乙株式のほうが割安です。

    また、配当性向の計算式は以下の通り。
    配当性向=1株当たり年配当金/1株当たり利益(EPS)×100
    よって、甲株式の配当性向=20円÷(10億円÷2,000万株)×100=20円÷50円×100=40%

    従って正解は、(1) G.20  (2) C.0.5  (3) H.40  (4) B.乙

問5             第3問
ページトップへ戻る

FP対策講座

<FP対策通信講座>

●LECのFP通信講座 ⇒ FP(ファイナンシャル・プランナー)サイトはこちら

●日本FP協会認定教育機関のWEB講座 ⇒ 2級FP技能士 (資格対策ドットコム)

●通勤中に音声学習するなら ⇒ FP 通勤講座

●DVDでじっくりと ⇒ 【ECC】ファイナンシャルプランナー(AFP+2級FP技能士)通信コース

ページトップへ戻る

Sponsored Link

実施サービス

Sponsored Link

メインメニュー

Sponsored Link

サイト内検索

Copyright(C) 2級FP過去問解説 All Rights Reserved.